FOODCROSS

Food News

BIツールってなに?

はじめまして。

株式会社インフォマートのプロダクトプロモーション課の丸山です!

 

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行により、

ビジネススタイルが大きく変化した昨今。

こういった情勢下の中、「IT化からDX化」という考え方が主流になってきました。

 

様々なセミナーやニュースなどでDXが叫ばれておりますが、

IT化とDX化何が違うのでしょうか。

 

 

 

明確な定義があるわけではないので、正解とは言い切れないですが、

 

IT・・・「Information Technology」の略。情報技術をビジネスに生かすこと。手段。

 

DX・・・「Digital Transformation」の略。ITを組み合わしたり併用することで、より良くすること。目的。

 

とされてます。

平たく言うと、様々な技術(IT)をうまく繋ぎ合わせてもっと効果を出そう(DX)という取り組みですね。

 

そんなDXをより推進するために注目されているBIについてお話させて頂きます!

 

 

 

 

①そもそも分析(BI)ツールとは何か?

定義としては、

「企業などの組織のデータを、収集・蓄積・分析・報告することにより、

経営上などの意思決定に役立てる手法や技術のこと」

とされています。

 

従来ITの分野は閉鎖的で、特定の人材が必要でした。

しかし人不足や働き方改革、慢性的な不況などなかなか人材確保が難しい時代。

 

こういった状況の中、様々な情報やデータを半自動でつなぎ合わせ、

分析データを作成してくれるサービス=BIツールです。

 

②BIツールの強み:「今」

日々変わる状況を読み、経営判断していくには「今」をどれだけ細かく把握できるかが重要になります。

本日の売上は?本日の人気メニューは?今日のメイン顧客層は?

こういった情報をPCやタブレット、スマートフォンですぐ確認できるのがBIツールの強みです。

 

③BIツールの強み:「数字」

経営者だけで限らず店舗では店長、複数店舗を管轄するマネージャー皆さんが正確な判断をするためには、

正確なデータ(根拠)が必要になります。

感覚ではない正しい数字を把握するには、様々なExcelを確認してまとめる作業が必要…

こういった企業にとって非常に便利なツールになります!

 

 

まとめ

簡単ではありますが、BIツールについて記載させて頂きました。

他業界に比べ、まだあまり浸透しておりませんが、

EBILAB様の「TOUCH POINT BI」やティールテクノロジー様の「TEAL BI」あど様々なサービスが展開されてます。

自社の店舗運営や分析、人不足などにご興味がある方は是非ご検討ください!

 

今後も様々なサービスをご紹介させて頂きます!


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー
返信する
1件の返信 (新着順)
ユーザー画像
ユーザー画像
たろいも
2022/04/16 00:54